元気・やる気・Dr.鈴木のコラム

2018年2月9日 金曜

〈New〉 前歯のセラミック治療のセカンドオピニオン
カテゴリ:Dr.鈴木日記 審美 歯科全般 

オールセラミックの前歯の差し歯20代の女性。主訴は「他院でオールセラミックの前歯(11万円)を入れてもらったが、色が合ってない。何度かやり直してもらったが “これでもう限界” と言われた。鈴木先生はどう思います?」でした。
Dr「そうですね、色がすこし暗いですよね。被せの中に問題があるのではないでしょうか?」

オールセラミックに不向きな金属の補強芯 患者さんには気の毒ですが、入れて間もないセラミックを外して、やり直すことにしました。
その結果、歯を補強するための芯に金属が使用されていることが判明しました。患者さんの不満の原因(前歯が暗く見える)がここにありました。オールセラミックを装着する場合、白色の補強芯を入れなければオールセラミックの美しさを反映させることは出来ません。
白色の土台+オールセラミック=自然な感じの前歯!

セラミックの補強芯に取替え 当院で、金属の補強芯を撤去し、白色の補強芯を代わりに装着いたしました。この上に、私が製作するオールセラミックを被せることにしました。

セレックでオールセラミックを製作 まず、セレックでお口の中をビデオカメラで撮影して、PCにデーターを読み込みます。

セレックでオールセラミックを製作 次に、PC画面上で、その患者さんに合った歯の形を設計し、その情報をセラミックブロックを加工する器械に送信すれば、オールセラミックの被せ物が完成します。
この後、微妙な色の調整を焼き込んでいきます。

院長が作るオールセラミック 私が作ったオールセラミックの歯が、完成いたしました。
〈患者さんの感想〉
•わずか3回の診察で治して頂きありがとうございました。
1本6万円で助かりました。ありがとうございました。


2017年12月30日 土曜

12/23.今年最後のインプラント予定が…
カテゴリ:インプラント 入れ歯 歯科全般 

外れる入れ歯から何でも噛める固定の歯へ 寝屋川市から40代の女性。主訴は「入れ歯で苦労している。医療従事者でしゃべる仕事をしている。上顎の骨が薄くて浅いのでインプラントは難しいと言われ続けてきた。先生の御意見をお聞かせ下さい。」

歯を抜いた日に歯を移植するCTを使って骨の状態(骨の厚みと高さ)をチェックすると、厚みも高さもかなり不足していましたので、インプラント治療をするのなら人工的に骨を増強する必要がありました。また、黄色の点線の歯は、乳歯のようにグラグラしているので、抜歯をして当日その痕にインプラントを移植することもお伝えしました。

骨の厚みの薄い所に人工的に骨を作る この画像は、ほお骨の横から人工骨を入れた所に、インプラントを植立したところです。 続きを読む


2017年12月17日 日曜

NEW STYLE COLLECTION 抜けずに断念された親知らず ④
カテゴリ:歯科全般 親知らず 

奈良 東大阪 生駒 横向きの親知らず抜歯  神戸市より30代の男性。主訴は「1週間前、近所の口腔外科で親知らずの抜歯を2時間ほどかけて行ったが、まったく抜けず大変な思いをしました。抜歯の続きをお願いします。」でした。患部を開けて精査すると、大きく下顎の骨が切除され、穴の奥には大きな親知らずの残骸が、確認できました。

下顎に残された頑丈な親知らずの根 CTで確認すると、逆子のような状態の親知らずの根が、隣りの奥歯太い神経はさまれる様な状態で残っていました。

持ち込まれたレントゲン写真持参されたレントゲンを拝借する限り、歯の頭に覆われ、歯の根の先風船の様に膨らんでいます。更に、太い神経隣りの奥歯と接している、超・難抜歯が予測されるものでした。
続きを読む


2017年11月30日 木曜

NEW STYLE COLLECTION 遠方よりIVS付き親知らず抜歯 ③
カテゴリ:歯科全般 親知らず 

大学病院送りの超難度の高い横向きの親知らず お昼休み前に兵庫県須磨区から来院された30代の女性。主訴は親知らずの抜歯を希望。「何カ所かHPで調べて 受診したが、ややこしい生え方をしているため全て断られた。超恐がりなので、点滴麻酔で眠らせてもらって一気に全部抜いて欲しい。」と電話で事前に主訴をお聞きしての来院。
下顎の横向きの親知らず 根っこも湾曲早速CT撮影をして資料集め。横向きの親知らずが、太い神経の真上に横たわり、根っこは曲がりくねり、その手前の歯は奥へ大きく張り出し、そこに親知らずの頭がガッチリ食い込んでいる、といった具合でした。
保険適用の静脈内鎮静法 電話で予め、点滴を使った抜歯方法について説明していましたので、ここは私も腹をくくって昼休みの2時間を使って、点滴から抜歯、CGFの再生療法まで下の親知らずを2本同時に抜歯をすることに決めました。 続きを読む


2017年10月4日 水曜

NEW STYLE COLLECTION オールセラミック ②
カテゴリ:審美 歯科全般 

奈良 生駒 石切 最新歯科 鈴木











石切 生駒 セラミック 前歯 ブリッジ 9月の初旬、30代の女性。主訴は「前歯の黄色のカブセが気になる。『値段は安いのに、かなりきっちりしてもらえるよ』とママ友から聞いてここに来た。子どもと一緒に写真を撮る機会が多いので、やり換えを9月中に終わらせて欲しい。」でした。
石切 生駒 前歯 ブリッジ オールセラミックのカブセ(60,000円)にやり換えることを前提に、黄ばんだ保険の前歯を外しました。すると中身は、虫歯で変色した、もろもろの歯質に変わっていました。
続きを読む


2017年9月23日 土曜

NEW STYLE COLLECTION オールセラミック ①
カテゴリ:審美 歯科全般 

東大阪 奈良 石切 前歯 ブリッジ セラミック こんにちは。夜にもなると秋の虫の声が、我が医院にも鳴り響く季節になりました。さて、梅雨〜真夏の間、通院が厳しかった時期に患者様と共に頑張ってきた症例を4回に分けて報告していきたいと思います。

丁寧 きっちり 完璧なオールセラミック 40代の女性。主訴は「虫歯になって詰めている所が、すぐに外れたり、色が変ってしまう。何回もやり直すのが嫌なので、この歯をセラミックの歯に変えて欲しい。」でした。
丁寧 きっちり 完璧なオールセラミック 50000〜60000セラミックを被せる』からといって、便宜的に神経を抜かれてしまうケースもあるようですが、当院では、血液を伴った神経を大切に、慎重に、残します。また、被せた後も痛みが出ないように、削る量も最小限にしています。
※オールセラミックは、金属を全く使用していないセラミックですので、歯を削る量を最小限に抑える事が出来ます。 続きを読む


2017年9月16日 土曜

CA名古屋→石切→関空→ドイツ 親知らずの強行抜歯
カテゴリ:歯科全般 親知らず 

東大阪 生駒 奈良 親知らず抜歯 点滴 ドイツ在住のCA。主訴は「実家の名古屋に帰省しているのですが、突然、親知らず辺りに痛みが発症した。名古屋で抜歯をしてくれる医院を探すも「難しい抜歯なのでうちでは無理」と3件続けて断られた。今夜は関空のホテルに泊まり、明日の朝イチ、関空発→フランクフルト行きの飛行機に乗務してCAの仕事が始まる。今日の昼過ぎ、石切に寄るので一度診てもらえませんか?」でした。

東大阪 生駒 奈良 親知らず抜歯 点滴 名古屋から石切に到着されたのが、PM4:00。まずCT撮影をして親知らずの歯の周囲骨の情報収集を始めました。その間、予約の患者様の治療をひたすら進め、抜歯に必要な時間を作る準備を始めました。CT撮影の結果、名古屋の先生方のおっしゃる通り、太い神経は歯の根の先を走り、骨は 歯をがっちり囲んでいるため、『これは一筋縄ではいかない抜歯』が予測されました。『急患でこの抜歯は確かにきついな…』さらに、『明日から出勤なので、痛みは薬でなんとかするので、顔だけは腫れないようにして欲しい』というリクエストに応えれるかどうか考えましたが、状況が状況なだけに抜歯を決断しました。

東大阪 生駒 奈良 親知らず抜歯 点滴 抜歯後の腫れを抑えるために、採血をしてCGF(高濃度血小板を多く含んだ凝縮フィブリノーゲン)を製作しました(無料)。
※抜歯後の糸は、溶ける糸(バイクリル:無料)を使用しました。
東大阪 生駒 奈良 親知らず抜歯 点滴 これは、抜歯した親知らずです。周囲骨を多く削ると痛みや腫れが伴いますので、歯を細かく切断して、アゴ骨への負担を軽減しました。
東大阪 生駒 奈良 親知らず抜歯 点滴 予測した通り、抜歯に約1時間ほどかかった難しい抜歯でした。抜歯した痕には、自己血液で院内で製造したCGFをたっぷり挿入し、溶ける糸を使って無事に終了しました。
〈次の日の早朝、関空より電話〉
•痛いことは痛いけど、薬で治まっている。
•腫れは全くない。
•無理をきいて頂きありがとうございました。スタッフの方々も素敵な方達で感謝しています。
〈ドクターの感想〉
痛みや腫れは抜歯時間に比例するため、『今回は腫れる』と内心予測していましたが、腫れが無いと聞き、安心しました。これは明らかにCGF(コラーゲンの凝縮)の存在無くしては語れません。世界で働く女性に少しでもお役にたてて、幸せな限りです。


2017年9月3日 日曜

昔かぶせた前歯の際が黒くなってきたら?
カテゴリ:審美 歯科全般 

10年前に被せた前歯の歯茎が黒い 30代の女性。主訴は「前歯の黒いスジがきになる。吸うと変な味がする。やり変えて欲しい。『きちんとやってくれる先生』と聞いてここに来た。よろしくお願いします。」

被せを取ると中は虫歯でもろもろ 早速、セラミックの被せ物を外してみると、残された歯は、腐食してもろもろになっていました。この状態が、歯根(歯茎の中の根)まで広がると、『抜歯』になる可能性が生じます。

金属メタルではないセラミック製の補強土台芯 技工士さんに頼んで、白いセラミックの土台の補強芯(追加料金なし:セラッミク代に含む)を作っていただき、残った根にくっ付けました。この患者様の場合、オールセラミックを希望されていましたので、オールセラミックの被せ物にはオールセラミックの土台の補強芯がマッチします。 続きを読む


2017年8月25日 金曜

まさか私がインプラントの歯で噛めるなんて!
カテゴリ:インプラント 歯科全般 

奥歯 恐くて治療に行けない 無料鎮静法麻酔30代の女性。主訴は「歯医者が苦手で、ぼろぼろのまま放置していた奥歯が、最近痛い。かかりつけ医は、『抜歯は避けられない。抜歯した後は、入れ歯かインプラントしか無理』と言われた。抜歯するだけでも恐いのに、インプラントはもっと恐い。それにお金も高い。でも、入れ歯は入れ歯で嫌。小さな子供もいるし、どうすればいいでしょうか?」でした。
静脈鎮静法 無料サポート 抜歯とインプラント同日話し合いの結果、
(1)静脈鎮静法を使って居眠りしながら、抜歯とインプラントの手術を同時にする。
(2)骨の増殖も含めて、抜歯〜インプラント完成まで5ヶ月以内で仕上げる
(3)型取りの日(手術ではない日)も静脈鎮静麻酔法は無料サポートする治療費の支払いは、3分割で構わない
ことを伝えて治療に取り組みました。
静脈鎮静法 無料サポート 抜歯とインプラント同日まずは、腐食した奥歯の抜歯を行いました。この場所に、骨を増殖させる治療を行いながらインプラントを埋めていきます。 続きを読む


2017年8月13日 日曜

山の日に、大人の歯 3本が生まれ変わりました。
カテゴリ:Dr.鈴木日記 インプラント 未分類 歯科全般 

歯ぎしり強い ブリッジ割れる 恐くない無痛インプラント手術 〈8/11 a.m.〉静脈鎮静法付きのインプラント手術
豊中市より40代の男性。「奥歯が痛む。抜歯は覚悟している。点滴で寝ながら(無料サポート)無痛抜歯をして欲しい。出来ればインプラントもお願いしたい」
歯茎からニキビ状の凸起 押すと膿みが潰れるの繰り返し 抜歯を告げられている歯の歯茎は、膿んでは潰れの繰り返をしていたらしい。
歯の根が割れている 抜歯した日にインプラントの手術 〈術前〉通常のレントゲンと同時に、CT撮影も行い、患部を細かくチェックします。
抜歯した日にインプラントが入る 恐くない無痛飲プランんと手術 〈術後〉直径4㍉弱と5㍉のインプラントが、13㍉ほどの深さの骨内に入っていますが、下記のCGFをクッション材代わりに多用しますので、痛みはかなり軽減されます。 続きを読む