一般歯科・神経を抜く治療

神経を抜いてから、かぶせ物が入るまで

かぶせ物が入るまで・STEP1 STEP1 初回
麻酔を用いて、歯の中央に穴をあけ、虫歯菌におかされた歯髄(神経と血管の束)を、取り除きます。
歯髄の深さを測る専用の器具で、神経の取り残しのないよう、深さを正確に計測します。

注意
  • 長時間の治療は患者さまも疲れてくるため、細かい神経を取り除く治療は、次回以降に何度かに分けてすすめます。
  • 治療後から1週間は、噛むと違和感があります。
  • 麻酔の影響で、歯茎に打ち身のような症状が出ることがあります。

大きな神経は全て取りました。
残りの細かい神経を取り除く治療は、次回から数回に分けておこないます。
このまま放置すると残った神経が腐り、歯肉や骨の病気に移行することもありますので、必ず次回の治療に来てください。


かぶせ物が入るまで・STEP2 STEP2 2回目以降
初回の治療で取り除けなかった神経を、根気よく取り除いていきます。

注意
  • 神経を取り除く時に、チクチクした痛みを感じるかもしれませんが心配はいりません。
  • 治療時間は歯の位置で変わり、奥歯に行くほど治療にかかる時間が多くなります。

今日からは、初回の治療の仕上げをしていきます。
小さな神経が微量に残っているため、健康な歯肉が刺激に反応して、少し傷みを感じるかもしれませんが、掃除やお薬交換で良くなっていくので安心してください。 根気よく治療を続けて、完了させましょう!


かぶせ物が入るまで・STEP3 STEP3
治療した歯に違和感がないことを確認し、ゴム製の詰め物を歯髄のスペースに流し込みます。
ゴムがスペースに隙間なく流し込めたことをレントゲンで確認できれば、根の治療は完了です。

後半開始です。
いよいよ元の歯の形に復元していきます!


かぶせ物が入るまで・STEP4 STEP4
かぶせ物がきれいに装着できるように、まずは金属の土台づくりから始めます。
患者さまには土台の型取りのために、シリコンなどの印象材を噛んでもらいます。
※土台には白いかぶせ物「オールセラミック」にあう白い土台もございます。

おつかれさまでした。
金属の土台ができあがるまで、1週間ほどお待ちください。


かぶせ物が入るまで・STEP5-1 STEP5
金属の土台を入れ、削って形を整えます。

かぶせ物が入るまで・STEP5-2 削って形を整えたあと、かぶせ用の型をシリコンなどの印象材を使ってとります。

注意
  • 白いかぶせ物を入れる場合などは、より精密な型取りを行うために、仮歯で様子を見ながら進めています。
  • かぶせ物の素材によって、治療の回数や型取りの方法が異なるので、ドクターから患者さまへ、再度ご説明いたします。


かぶせ物が入るまで・STEP6-1 STEP6
前歯には白色、奥歯には金属などの、かぶせ物を入れます。
目立つ場所の歯には、自費治療になりますが、セラミックなど審美的に優れた白い素材がおすすめです。

かぶせ物が入るまで・STEP6-2

かぶせ物の素材には、保険適応の銀やレジンの他、強度や審美性に優れたセラミックがございます。
患者さまのお好みにあった素材を、選んでいただけます。
素材選びについては、スタッフにお気軽にお尋ねください。

セレック導入で白い歯が身近に!! 最新鋭CTが治療に大活躍 詰め物・かぶせ物の選び方 痛くない・怖くない・静脈内鎮静法 痛くない工夫 初診の流れ 患者様の声

元気 やる気 Dr鈴木のコラム

小児矯正 審美最前線 歯周病予防

鈴木歯科医院へのご案内

〒579-8011
東大阪市東石切町4丁目1-48
近鉄石切駅前すぐ

案内地図
>大きな地図はこちら
診療時間:午前 9:30~12:00
      午後 15:00~20:30

休診日:水・日・祝祭日
駅前の歯医者さん
スタッフ募集