元気・やる気・Dr.鈴木のコラム

2018年10月16日 火曜

奥歯の倒壊 なんとかしたいが怖くて放置
カテゴリ:Dr.鈴木日記 インプラント 

静脈麻酔鎮静法 生駒 奈良 石切 インプラント 生駒から50代の女性。横向きの親知らずを点滴(静脈麻酔鎮静)を使って抜歯された娘さんの紹介で来院。主訴は「奥歯がノド側に倒れてグラついている。他院で治療中の歯(=点線)もグラグラしている。右下は痛くて噛めないので『抜歯』は覚悟しているが、怖くて悩んでいる。」でした。
話し合いの結果、グラついている歯は抜歯させていただき、その代わりにインプラントを移植して、しっかり噛める奥歯を作ることになりました。

静脈麻酔鎮静法 インプラント 無料 「今まで点滴は上手くいった試しがない」ことを事前に聞いていましたが、運良く点滴のルートを確保することが出来ました。 いよいよ、ゆっくりリラックスして頂いての手術が始まります。 本日は、①抜歯+②インプラントの移植+③インプラント周囲の骨の増強手術(AFG & CGF使用)を同時に行う予定です。

安全なインプラント 正確なポジションのインプラント アフターケアーを考慮した設計 インプラントを移植する際に、気をつけなければならない重要事項がいくつかあります。その一つに「正しい位置(ポジショニング)」があります。歯列(両隣)に対しての最適な位置。噛み合わせ(上下)に対しての最適な位置。この最適な位置を外してしまうと、『歯磨きが思う様に出来ない。歯間ブラシが窮屈で入らない。出血や異臭が絶えない。』といった問題が一生続きます。 家作りに図面(設計図)が欠かせないように、インプラントにも計画図面や安全ナビゲーションが必要です。それが「サージカルガイド(ステント)」と呼ばれるものです。当院では、無料で全てのインプラント手術に、この「サージカルガイド(ステント)」を用意して、図面通りの場所に寸分の狂いなく正確に植立させています。 続きを読む


2018年10月1日 月曜

親知らず 腫れてもう懲り懲り
カテゴリ:Dr.鈴木日記 親知らず 親知らずを静脈麻酔鎮静法で 静脈麻酔鎮静法 

横向きの親知らず 静脈麻酔鎮静 保険 大阪 奈良 西宮市から20代の女性。職業モデル。主訴は「歯医者が恐い。でも以前、左下の親知らずを我慢して抜いた時、すごく顔が腫れて仕事にも影響した。残りの親知らずはもう絶対に抜かない!と思っていたけど、『横向きの親知らずが前へ押すと、前歯の歯並びが悪くなる』と言われていたので、腫れずに抜いてくれる歯医者を探していた。それから、歯を抜く時に、唇や顔を引っ張らずに抜いて欲しい。」でした。
レントゲン撮影の結果、右下の親知らず左上の親知らず歯茎の中に完全に隠れている厄介な歯である事が判明しました。患者様のリクエストに出来る限り応えられるように努力しました。
横向きの親知らず 静脈麻酔鎮静 保険 大阪 奈良 歯茎の中に完全に隠れている親知らずの歯の抜歯は、やはり難しいです。 静脈麻酔鎮静法を使っての抜歯を行いました。
横向きの親知らず 静脈麻酔鎮静 保険 大阪 奈良 歯茎を開くと、下顎の骨の中に完全に包囲されている親知らずの歯を確認することが出来ました。
続きを読む


2018年9月13日 木曜

台風21号の影響でもセレック強し
カテゴリ:Dr.鈴木日記 審美 歯科全般 

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 台風の影響で、昼前には近鉄電車も運休となったあの日、ひとりの患者様が午後3時から来て下さいました。いつもはお忙しい方なのですが、その日は台風の影響で自宅待機とのこと。キャンセルも相次ぎ、午後から休診予定の私達でしたが、銀歯と変色した前歯の2本セレックを使ってセラミック(オールセラミック)に代える(完成させる)ことになりました。まず、下の奥の銀歯を取り外し、キレイに形を整え直して、ビデオカメラで削った歯を読み込む準備を行いました。外の雨風は、一段ときつくなっています…

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 お口の中の状態が、カメラで読み取られ、PCに映し出されたところです。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 理想的な歯の形、大きさ、噛み合わせ、窮屈さを全て私がPC画面でプログラム操作します。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 奥歯のセラミックが、治療開始から1時間半後にツヤだしまで完成(納品)しました。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 続けて、5年前に何処かで入れた前歯。保険の前歯は、月日と共にツヤは失われてしまいます。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 保険の被せ物を外して、形を整えセレックのカメラでスキャン(読み込む)する準備を行いました。
※歯と歯茎の境界線をくっきり明示(スキャン)させるために、細・太2種類の糸を円を描くように挿入しています。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 お口の中の状態が、PC画面に映し出されました。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 前歯の長さ、厚み、傾き、形を患者様のお口の中を見ながら最適な設計を私が行います。

セレック オールセラミック 奈良 生駒 東大阪 セレック公認講師 前歯に取りかかってから、2時間後には自作のオールセラミックの被せ物が完成いたしました。

台風の影響で、電信柱から電線が垂れ下がり、電話回線もしばらく不具合が生じていましたが、修理工事も無事終わり、やっと正常に戻りました。しばらくの間、予約電話の患者様には大変ご迷惑をおかけいたしました事をお詫び致します。


2018年2月9日 金曜

〈New〉 前歯のセラミック治療のセカンドオピニオン
カテゴリ:Dr.鈴木日記 審美 歯科全般 

オールセラミックの前歯の差し歯20代の女性。主訴は「他院でオールセラミックの前歯(11万円)を入れてもらったが、色が合ってない。何度かやり直してもらったが “これでもう限界” と言われた。鈴木先生はどう思います?」でした。
Dr「そうですね、色がすこし暗いですよね。被せの中に問題があるのではないでしょうか?」

オールセラミックに不向きな金属の補強芯 患者さんには気の毒ですが、入れて間もないセラミックを外して、やり直すことにしました。
その結果、歯を補強するための芯に金属が使用されていることが判明しました。患者さんの不満の原因(前歯が暗く見える)がここにありました。オールセラミックを装着する場合、白色の補強芯を入れなければオールセラミックの美しさを反映させることは出来ません。
白色の土台+オールセラミック=自然な感じの前歯!

セラミックの補強芯に取替え 当院で、金属の補強芯を撤去し、白色の補強芯を代わりに装着いたしました。この上に、私が製作するオールセラミックを被せることにしました。

セレックでオールセラミックを製作 まず、セレックでお口の中をビデオカメラで撮影して、PCにデーターを読み込みます。

セレックでオールセラミックを製作 次に、PC画面上で、その患者さんに合った歯の形を設計し、その情報をセラミックブロックを加工する器械に送信すれば、オールセラミックの被せ物が完成します。
この後、微妙な色の調整を焼き込んでいきます。

院長が作るオールセラミック 私が作ったオールセラミックの歯が、完成いたしました。
〈患者さんの感想〉
•わずか3回の診察で治して頂きありがとうございました。
1本6万円で助かりました。ありがとうございました。


2017年10月1日 日曜

早朝勉強
カテゴリ:Dr.鈴木日記 

毎朝勉強秋と言えば食欲、読書、運動会ですよね。そこで我が家の『秋』を少し紹介したいと思います。息子は現在一年生ですが、昨年の9月1日より一年間、ほぼ毎朝休む事なく息子と一緒に早朝勉強を続けてきました。横で息子の勉強を見ながら、自分のブログ症例作りを行うといった具合です。笑かしながら、微笑みながら、時には怒鳴りながら、ひらがなの音読、絵本の読み聞かせ、計算問題のサポートをしています。下に幼い妹が二人いることもあり、落ち着いて勉強をしっかり見てあげる環境が整っていなかったことが、早朝勉強を始めるきっかけとなりました。遊びと勉強、OnとOffのバランスが上手く出来る豪快な息子になってくれることを願っています。

息子と温泉の旅 先月、本当に一年間よく頑張った息子と二人、1泊旅行に行ってきました。ただし、この日も朝ご飯の前にはしっかり1時間勉強しましたよ。偉い!
今日は、我が家の『勉学の秋』を御紹介しました。
私も息子に負けじと10月(講師:Dr.林楊春FIDI)、11月(講師:Dr.鈴木真名東京SJCD)ともに東京へ学術会に行ってまいります。


2017年9月8日 金曜

私も歯が大きく見える拡大ルーペを常に使っています。
カテゴリ:Dr.鈴木日記 

拡大良い歯医者を選ぶ条件にルーペを常時使っている医院 私の場合、拡大ルーペは、昼休みを除いて朝から晩まで肌身離さず頭の上に乗っかっています。 拡大ルーペにも2種類(プリズムビュー1台、アイマグ2台)ありまして、用途に合わせて3台を使い分けています。裸眼での精査性には限界がありますので、LEDライト付き拡大ルーペの使用は、私のベースラインです。歯医者にとって非常に有難い時代になりました。感謝、感謝。


2017年8月13日 日曜

山の日に、大人の歯 3本が生まれ変わりました。
カテゴリ:Dr.鈴木日記 インプラント 未分類 歯科全般 

Case 1
歯ぎしり強い ブリッジ割れる 恐くない無痛インプラント手術 〈8/11 a.m.〉静脈鎮静法付きのインプラント手術
豊中市より40代の男性。「奥歯が痛む。抜歯は覚悟している。点滴で寝ながら(無料サポート)無痛抜歯をして欲しい。出来ればインプラントもお願いしたい」
歯茎からニキビ状の凸起 押すと膿みが潰れるの繰り返し 抜歯を告げられている歯の歯茎は、膿んでは潰れの繰り返をしていたらしい。
歯の根が割れている 抜歯した日にインプラントの手術 〈術前〉通常のレントゲンと同時に、CT撮影も行い、患部を細かくチェックします。
抜歯した日にインプラントが入る 恐くない無痛飲プランんと手術 〈術後〉直径4㍉弱と5㍉のインプラントが、13㍉ほどの深さの骨内に入っていますが、下記のCGFをクッション材代わりに多用しますので、痛みはかなり軽減されます。
自己血液由来のフィブリンの塊 傷口の早期回復 痛みの軽減 自己血液由来の無添加フィブリノーゲンの塊。傷口を早期に治してくれます。また、痛みや腫れを抑えてくれる優れ物です。
抜歯した日に歯が生まれ変わる患者様の負担を極力少なくするために、抜歯と同日にインプラントの手術も終えました。患者さんのコメントは、「前夜かやかなり緊張していましたが、いざ治療が始まると、何となく周囲の声が聞こえていた程度の記憶しかなかったです。本当に楽な手術で助かりました。妻にも来させます。」
3ヶ月後、セラミックの白い歯が2本入ります。元通りしっかり噛めることを楽しみにしていて下さい。

Case 2
嚥下障害 極度の歯科恐怖症を鎮静法で治す 〈8/11 p.m.〉静脈鎮静法付きのインプラント手術
40代の市内の女性。主訴は「歯が浮いた感じがして、痛くて噛めない。抜歯した後はインプラントに決めている。手術は、痛そうで恐いイメージがするので点滴(無料サポート)をしながら手術をして欲しい。治療費やメンテナンスも安心できそうなのが、鈴木歯科を選んだ決め手でした。」
大阪市内のインプラント治療費半値〈術前〉CT撮影も同時に行って、手術のシュミレーションを入念に行います。
抜歯した日に新しい歯が生まれる〈術後〉イメージ通り、抜いた直後、そのまま直径5㍉程のインプラントを13㍉ほど骨内に入れました。午前の手術同様、フィブリンの塊(CGFとAFG)を多用していますので、痛みや腫れはかなり軽減されます。
動物由来でない吸収性骨補填材グミ状になった動物由来でない吸収性の骨補填材(β-TCPとAGFの一塊)をインプラントの周囲骨の不足しているところに補填します。抜歯した日にインプラントを入れて同時に骨も作る作業を一日で済ましてしまう所が当院の最大のポイントです。その結果、抜歯からインプラント治療完成まで、6ヶ月以内で終わらせる事が最大の強みです。
CGFを圧縮した膜で傷口を自然に封鎖傷口を自分の血液から採取、製造したフィブリンを膜に作り替えて蓋をしました。
患者様の感想として、 「口を開けたままだったので、アゴが痛かったこと以外は、一切覚えていない。本当に恐くなく、楽に治療ができました。勇気を出して良かった。」とのことでした。3ヶ月後の完成を楽しみにしていて下さいね。
※今回、使用したHAインプラントは全て、 スプラインMP-1(Zimmer:USA)です。
※縫合は、マイクロスコープ(Leica製)使用のもと、6-0のソフトナイロン(ELP)を使用しています。
※吸収性の骨補填材β-TCPは、オリンパステルモ社製のオスフェリオンを使用しています。


2017年8月5日 土曜

ご高齢者の生涯入れ歯なし宣言
カテゴリ:Dr.鈴木日記 インプラント 入れ歯 歯科全般 

歯茎にニキビ 抜歯即インプラント82歳の女性。主訴は「前歯がグラついて抜けそう。歯茎に突起物も頻繁に出来る。いよいよ抜歯かな?でも入れ歯だけは絶対イヤ!」でした。
麻酔鎮静法 抜歯した日にインプラントのオペCTを使用して歯根の周囲骨の欠落状態をチェックしたところ、グラつく前歯2本に、大きく骨の欠落を確認しました。歯根のひび割れ(1本または2本とも)が予測されたので、やはり抜歯の可能性がある事を伝えました。入れ歯を好まない患者様でしたので、1本または2本のインプラント治療をされることに決まりました。
※75歳以上の高齢者は、10万円減額(35→25万円)して、出来るだけ自分の歯で噛んで頂けるようにサポートしています。

高齢者の麻酔鎮静法 インプラント手術前にまず、麻酔鎮静法(無料)を行い、うとうと眠った状態にします。点滴のお薬が効いてくると、通常の麻酔と同時に採血も行います。当院は即時に細胞(フィブリノーゲン)を培養する施設の認可を取っていますので、その場で出来上がったCGFとAFG(無料)を骨の欠落している箇所に補填します。

マイクロスコープで歯のヒビを発見もう1本のグラつきは、差し歯の外れかけが原因では?と予測していましたが、歯の根面に亀裂が入っている事を手術で確認しました。

前歯2本抜いて2本インプラント植える 麻酔鎮静法 大阪 左の写真は、抜歯したその日にインプラントを埋めたところです。同様に隣りのひび割れした歯も「抜歯→インプラント埋め」をその日のうちに行います。 ※患者様には、事前に説明済み。
CGF  AFG  麻酔鎮静法 細胞培養認定医院 痛くない恐くないインプラント 2本のインプラントが無事に埋められた後、動物由来ではない人工の骨と自己採血で製作された無添加自己フィブリンを混ぜ合わせ、グミ状に仕上げた混合物を、骨が不足している部分にたっぷり養生しました(写真=左)。
驚異的な歯肉の回復力 CGF 無痛インプラント 手術から僅か11日後の状態です。傷口も綺麗にふさがり、弾力に富んだ歯肉をしています。経過、良好です。

一生入れ歯なしの人生 インプラント 大阪 麻酔鎮静法 これは、手術した日から使用されている、私の手作り入れ歯です。約5ヶ月間、辛抱して使って下さいね。

※生涯入れ歯なしで暮らせるように、精一杯バックアップします。私にお任せ下さい。


2017年7月16日 日曜

いよいよ夏休み 娘の石切訪問
カテゴリ:Dr.鈴木日記 

石切駅前 歯科 先進技術 鈴木 「大きくなったら歯医者さんになりたい!」と言ってくれている4歳の娘。夏休みに入り、朝から医院を訪問しています。PC内に保管されているレントゲン画像や口の中の写真(血の付いたホラー的な写真も平気)を真剣にみています。

石切駅前 掃除 子ども 次は、モップで掃除。これ、本当に役にたってます。親バカですが、嬉しい限りです。仕事にもいつも以上に気合いが入ります。

子ども 虫歯 石切駅前 今日は定期検診ですが、今までになんと!7本の虫歯を治療してきました。終電帰りで、仕事と勉強ばっかりしてるお父さんを許してね。夏休みは、いっぱい遊んで楽しい思い出いっぱい作ろうな!


2017年5月21日 日曜

耳鼻科用の内視鏡を使ったインプラント学会 in東京
カテゴリ:Dr.鈴木日記 

インプラントの学会 内視鏡 早朝から日帰りで東京へ行ってまいりました。 当院でも上顎(アゴ)の骨厚が薄い患者様にインプラントを植立させています。このような難症例には、より確実な手技と結果が問われます。耳鼻科の先生が使用する内視鏡を使用して、上アゴのインプラント手術を確実に成功させている先生の講演会でした。
内視鏡を使って上顎のインプラント手術を成功させる 内視鏡で副鼻腔から植えられたインプラントを診ている画像です。本日、たいへん有意義な講演会と実習でありました。満足!