鎮静法で無痛抜歯

リラックスした状態で治療が受けられる「静脈内鎮静法」をご存知ですか?

「うとうとしている間」に治療が終わります!

静脈内鎮静法は麻酔方法の一つです。点滴の中にリラックスさせる作用のある薬(催眠鎮静剤)を入れて、治療時の不安やドキドキ感を取り除きます。点滴から催眠鎮静剤が体内に入ると数分でうとうと眠くなりますが、完全に意識を失う全身麻酔とは異なり、意思表示は可能ですし、問いかけに応えることも出来ます。効果は人それぞれですが、お薬の作用で恐怖心は無くなり、リラックスした気分で治療を受けていただけます。
当院では、「親知らずなどの抜歯」「インプラント施術」を中心に、呼吸管理などの全身状態をモニタリングしながらこの鎮静剤を使用しています。 その他「歯医者が大の苦手」「恐怖体験でトラウマに」「痛いのが絶対イヤ」という方や「嘔吐反射(えずく)」「パニック障害(心臓がバクバク)」といった方でもご相談に応じています。まずはご連絡ください。
院長 鈴木雅智

こんな患者様におすすめです

静脈内鎮静法について

点滴中の写真 静脈内鎮静法は、全身麻酔のように「深く眠らせる麻酔法」ではありません。
ドキドキした緊張感がなくなり
「もしかして私、寝てました?」
「えっ!もう終わったの?」
「遠くの方で先生の話し声が聞こえていた」
といった感覚です。
静脈内鎮静法は
•本当に歯医者が苦手で行くに行けない方
•治療中に具合が悪くなってしまう程の恐がりの方
•嘔吐反射の強い方
•パニック障害などがある方
に有効です。
また、高血圧心臓病などの疾患のある方でも、静脈内鎮静法を 利用すれば血圧や心拍数が安定するため、安全に治療できます。この施術で使用する鎮静薬(ドルミカム)は、優しく安全なお薬なので、ご安心ください。
※静脈内鎮静法は、一部保険適用が可能ですが、治療内容に連動します。例えば、インプラント手術などでは自費扱いになります事をご了承ください。
親知らずなどの抜歯:保険治療のため、静脈内鎮静法も保険扱いになります。
インプラント治療:自費治療のため、静脈内鎮静法も自費扱いになります。

静脈内鎮静法の流れについて

【事前説明】静脈内鎮静法についてのご説明と注意事項

治療説明のイメージイラスト 治療内容に応じて、患者様のご希望をお聞きした上で、最適な方法をご提案します。また、「静脈内鎮静法」についての手順や注意点なども、十分にご説明いたします。
【当日の注意点】
•車、バイク、自転車での来院禁止
•食事や飲水の制限時間
•服装
※前日にスタッフから注意事項など確認の電話を差し上げています。
※また、治療が終わったその日のうちに体調などのお伺い電話も差し上げています。

【当日】①まずは笑気ガス麻酔

ドキドキしている患者さん 患者様の不安をやわらげるため、笑気ガスによるプレ麻酔を行います。血圧や心電図を確認する器材を装着した後、低濃度の笑気と100 %酸素を混合した笑気ガス麻酔を鼻から吸入します。
効果には個人差がありますが、治療に対する恐怖心を和らげ、リラックスした状態で治療を受けていただける準備が整います。

※笑気ガス麻酔について、詳しくはこちら

②点滴スタート

点滴のイラスト 留置針を使って点滴の準備を始めていきます。針を入れる場所は主に右腕の間接内辺りです。点滴から、痛み止め化膿止めも投与しますので、術中の痛みや術後の腫れも抑えられます。

③うとうと寝てしまいます

うとうとしてる患者さんのイラスト 鎮静薬が効いてくると、ウトウト眠くなり、ぼーっと眠った状態(意識レベルが低い状態)になります。鎮静薬には健忘作用があるため、治療中の事(歯茎に麻酔をした事や歯を削る音など)を覚えていない方のほうが多いです。つまり、体の苦痛(痛み、気持ち悪い、ドリルの不快音)心の苦痛(治療に対する不安や恐怖)を失くす、もしくは極端に軽減させる事が可能となります。

④通常の局部麻酔をしてから治療開始

治療中のイラスト 軽くウトウトしてきた頃、通常の局部麻酔(注射)を行います。注射前のドキドキ感や指をつねりたくなるような痛みはもう何処にもありません。局部の部分麻酔が終わりましたら、治療を始めます。治療中も、患者様の心拍数や血圧値などのデータを5分毎にモニタリングしながら、常に最適な全身状態を管理します。
※いよいよ治療の本番です。経験豊富で熟練したドクターが、手際よく的確に治療を進めていきます。

⑤ドラマティックな目覚め

喜ぶ患者さんのイラスト 治療が終わりましたら、ボーッとした感覚を一気に元に戻す薬を点滴に投与します。すると、催眠術から解き放たれたように通常の状態に戻ります。しばらく経って、足元の振らつきが無い事を確認出来ましたら、ご帰宅となります。
ほとんどの患者様が、
「歯茎に麻酔をした事すら覚えていない」
「何の苦痛もなく終わった。本当に楽だった」
「寝ている間に歯が抜けた。感動して思わず家族や友達にも話しました!」
「全く腫れなかったので、次回もこれでお願いします」 などの感想をくださっています。

常に患者様の全身状態をチェックしながら行います

喜ぶ患者様とスタッフ 【酸素の投与】安全性をより高めるため、鼻に「経鼻カニューレ」という管をつけて、酸素吸入を行います。鎮静薬が効いてくると、笑気ガスはストップし、酸素のみに切り替えます。
【モニターチェック】血圧や心拍数、呼吸などの全身状態を、モニターや患者様の様子を注意深く確認しながら、鎮静薬を投与していきます。

当院での静脈内鎮静法を用いた治療例

治療例【親知らず抜歯】

点滴中の様子

30代の女性。主訴は「年に何度か、親知らず周辺の歯茎が腫れる。抜きたかったが、かかりつけの先生に「抜くと痛む、腫れる、麻痺する」などの話しを聞かされていたので困っている。痛まず、恐くなく、親知らずの歯を抜いてもらえますか?」


骨や歯の削る音などで、本来なら恐い抜歯のはずでしたが、点滴療法が功を奏し、ほぼ記憶がないまま(恐くない&痛くない)抜歯が出来ました。
患者様の感想は「痛がりで、恐がりの私ですが、気が付けば抜歯が終わっていました」 とのことでした。
詳しくはこちらのコラムで紹介しています。>恐過ぎるけど親知らず抜きたいんです!

治療例【恐がりの患者さまの抜歯】

処置中の様子

20 代の女性。「歯医者が恐ろしくて今まで行けなかった。でも親知らず辺りが頻繁に痛む。友達の紹介でここに来た。点滴しながらの抜歯をお願いします。出来れば一気に4本とも抜いて欲しい」でした。


点滴の中に、痛み止め、化膿止め、精神安定剤の薬を入れて抜歯に取り掛かかりました。「緊張のあまり、昨夜はあまり眠れなかった」という患者さまも、点滴が始まって10 分後、脈拍は正常な値に落ち着きました。
詳しくはこちらのコラムで紹介しています。>>親知らず点滴をしながらリラックス抜歯②

治療例【インプラント】

親知らずレントゲン

ご高齢の患者さま。主訴は「下の入れ歯はまだ我慢できるが、上の入れ歯は喋りにくいし、噛みにくい。年が年だけど、インプラントをして欲しい。」でした。血圧も高いため点滴をしながらの手術になることを伝えました。また、嚥下障害(えずき)と開口障害(口が大きく開かない)をかかえてらっしゃいました。


点滴の中にリラックスするお薬を入れて(静脈内鎮静法)恐さを軽減させて行いました。「手術中の恐さは全くなく、術後の確認レントゲンを見るまでは何をしていたのか殆ど覚えていなかった(健忘感)」とのこと。
詳しくはこちらのコラムで紹介しています>高齢者のインプラント治療に静脈ルート確保

静脈内鎮静法について、治療について、
分からないことや不安なことは、何でもお気軽に質問なさってくださいね!

セレック導入で白い歯が身近に!! 最新鋭CTが治療に大活躍 詰め物・かぶせ物の選び方 痛くない・怖くない・静脈内鎮静法 痛くない工夫 初診の流れ 患者様の声

元気 やる気 Dr鈴木のコラム

小児矯正 審美最前線 歯周病予防

鈴木歯科医院へのご案内

〒579-8011
東大阪市東石切町4丁目1-48
近鉄石切駅前すぐ

案内地図
>大きな地図はこちら
診療時間:午前 9:30~12:00
      午後 15:00~20:30

休診日:水・日・祝祭日
駅前の歯医者さん
スタッフ募集