一般歯科・虫歯治療の前に

虫歯治療の前に知ってほしいこと

虫歯治療に入る前に、皆さまに知ってほしいことがあります。
それは、虫歯の痛みの原因と、歯の神経の関係です。
痛みをなくすために、これから私たちが、どんな治療するのか?
治療の後、何に気をつければ良いのか?
健康な歯を取り戻すために、ぜひ理解してくださいね。

虫歯はどうしてなるのか、ご存知ですか?

プラークから虫歯へ 口の中に残った食品があると、虫歯菌はそこからプラーク(歯垢)を作り出し、歯の表面にくっつきます。
プラークは虫歯菌の攻撃基地のようなものです。
虫歯菌はこのプラークから酸を発生させて、歯を溶かし、穴を空けていきます。
虫歯を防ぐためには、虫歯攻撃の土台になる、プラークを残さないことが大切です。

虫歯がなぜ痛くなるか、ご存知ですか? 

歯の断面図 右の図を見てください。
歯の中にも神経が通っているのが分かりますか?
歯髄と呼ばれる部分は、神経や血管が集まっており、歯に色々な情報や栄養が届けられています。

歯髄を囲む象牙質とエナメル質には神経は通っていないので、虫歯菌の攻撃がエナメル質にしか届いていない間は、痛みはありません。
虫歯菌が象牙質に近づくにつれ、神経に痛みを感じるようになります。
「痛みのない虫歯」と「痛くてたまらない虫歯」の差は、「虫歯菌の攻撃がどこまで進んでいるか?」の差です。
虫歯菌が歯髄に近づくにつれて、痛みはどんどんひどくなります。
進行の浅い段階で虫歯を発見し、虫歯菌をやっつけることが大切です。

歯の神経の役割をご存知ですか?

歯髄に達した虫歯は、痛くてたまりません!
「痛くなれば、 歯髄の神経を抜けばすむ話では?」と、思われた方はいませんか?
また実際にこれまで、そんな治療を経験された方もいるかもしれませんね。
けれど、歯髄には大切な役割があります。
歯が丈夫で健康であるために必要な、色々な情報や栄養が、
歯髄の神経や血管に届けられています。

神経をとると、痛みを感じなくなる代わりに
大事な情報や栄養も二度と届かない
、ということを理解してください。

神経(歯髄)を取るメリット・デメリット

神経をとるメリットとデメリットを、まとめてみました。
激痛や悪化を防ぐために、どうしても必要な場合もありますが、
できる限り神経を残す治療をおすすめします。




歯の痛みがおさまる
神経が無くなれば虫歯の痛みがなくなり、冷たい水にもしみることはありません。

病気の進行を食い止められる
虫歯菌が神経に届いた場合、菌の攻撃は神経を通ってさらに奥に進みます。
神経をとれば、それ以上悪化することはありません。





歯が弱くなる
神経のまわりには細かい血管があるので、神経をとると血管も一緒に無くなります。
そうなると、血管を通して歯に栄養や酸素が届かなくなり、長年たつと歯が弱って
折れたり、割れたりしやすくなることがあります。

歯の色が変色する
神経とその周りの血管を取ると、歯の色は黒っぽく変色していきます。

治療期間がかかる
治療期間は長くかかり、治療費用の負担も大きくなります。

虫歯の進行が進む前に治療を開始して、健康なお口にもどしましょう!

セレック導入で白い歯が身近に!! 最新鋭CTが治療に大活躍 詰め物・かぶせ物の選び方 痛くない・怖くない・静脈内鎮静法 痛くない工夫 初診の流れ 患者様の声

元気 やる気 Dr鈴木のコラム

小児矯正 審美最前線 歯周病予防

鈴木歯科医院へのご案内

〒579-8011
東大阪市東石切町4丁目1-48
近鉄石切駅前すぐ

案内地図
>大きな地図はこちら
診療時間:午前 9:30~12:00
      午後 15:00~20:30

休診日:水・日・祝祭日
駅前の歯医者さん
スタッフ募集