元気・やる気・Dr.鈴木のコラム

2019年4月22日 月曜

よくある中高生の矯正中に発症する虫歯
カテゴリ:Dr.鈴木日記 審美 歯科全般 

矯正中の虫歯 高校生。他院で矯正中。主訴は「矯正医より虫歯治療の依頼」で来院。

矯正中の虫歯 セレックできっちりと治すぱっと見た感じ、家の方では見つけられないような小さな虫歯。しかし、私達からすれば「入口が小さく、中が大きくて深い嫌な虫歯」が予測されます。

矯正中の大きな虫歯 虫歯になっていた柔らかくて黒い部分を削るとこのような大きくて深い虫歯になっていました。
矯正器具が入っているため通常の型取りでは矯正器具が邪魔になって上手く採得出来ません。また、金属製の詰め物を入れると冷たい飲み物を口に含むごとに神経が刺激されるために辛い思いをすることも考えられます。
その結果、セレックを使用して、型取りをカメラでスキャン(読み取り)することに決まりました。

矯正器具そのままで虫歯治療セレックで削った所をスキャン(読み取り)をしたところ。

矯正器具そのままで虫歯治療スキャンした情報を元に、PC画面状で詰め物の形を私が設計します。

矯正器具そのままで虫歯治療出来上がったセラミックの詰め物を専用の接着セメント(ボンド)でくっ付けたところです。 そこが虫歯であった事が分からないように仕上げることが出来ました。
とても深くて大きな虫歯でしたが、現在も痛むことなく経過良好です。
セレック治療なら、虫歯治療をするために器具を外すこともなく、冷たい飲み物に痛むことも少なく、最適な治療を行うことができます。当院は、セレックを開発した(株)シロナから「セレック治療を優れた技術でご提供する医院」として公認されています。また、良心的な価格でご提供しているところも特徴の一つです。