元気・やる気・Dr.鈴木のコラム

2019年1月5日 土曜

外れないインプラント付き全部入れ歯の定期検診
カテゴリ:Dr.鈴木日記 インプラント 入れ歯 

外れない下の全部入れ歯 昨年の暮れにインプラントを移植された方の初めての定期検診。
72歳の男性。永年、上も下も全部入れ歯を使っておられました。上の全部入れ歯は、ポリグリップで外れないようにがっちりキープ出来ています。しかし、下の全部入れ歯は、大きな口を開けると動いて外れそうになるので何か良いものはないかな?がこの治療の始まりでした。
外れない下の全部入れ歯 下のアゴに2本の(ロケーター)インプラントを移植しました。
左利きの患者様が、全部入れ歯を取り外ししやすいように設計しています。
外れない下の全部入れ歯 インプラントの周囲には、自己血液を用いた無添加のCGFを付着させています。
傷口の早期回復や腫れを抑えることに有効的です。
外れない下の全部入れ歯 たった2本のインプラントですが、全部入れ歯は全く動きません。
外れない下の全部入れ歯 全部入れ歯を外してみたところ。
外れない下の全部入れ歯 全部入れ歯の裏側はこのようになっています。お口の中には凸部が入り、全部入れ歯の内側には凹部が組み込まれ、両者はパチッと合体します。
〈患者様の感想〉
・とにかく俺は歯医者が嫌い。今まで歯を何本抜かれてきたか。その度、怖くて怖くて仕方がなかった。でも今回は生まれて初めて歯が増えた。 しかも、先生が点滴しながら手術をしてくれたので、知らん間に終わった。出来上がった入れ歯も快適や。メシも美味い。なかなかこれいい!